ついに誕生世界極最小級 白金測温抵抗素体NES-OV45型センサー:サーマルマイクラ装置の飛躍的精度向上で、iPS細胞などの先端研究を強力に後押しします。 株式会社ネツシン
極最小型白金測温素子 NES-OV45 型素子
ネツシンは独立行政法人産業技術総合研究所と共同で、 「極最小型白金測温素子 NES-OV45 型素子」の開発に成功しました。 サーマルサイクラ装置の温度制御や、温度均一性の評価がこれまでより格段に高い精度で可能になり、医療バイオ関連分野、特にPCR 法によるDNA 増幅の研究やiPS 細胞の培養など、最新研究分野でのさらなる技術革新が期待されます。
ネツシンは、「温度センサーを限りなく点に近づける」を目標に、これからも進化し続けます。
抵抗値
10Ω(at 0℃)
極めて速い
レスポンス速度
リード抵抗の影響がない4導線式
リード線に沿っての熱流入による
測定値への影響を小さくすることができる。
4穴のアルミナ碍子を用いているため、
絶縁性が保たれている。
温度計測器「NXシリーズ」への搭載
100~120 ポイントを、速く、高精度で、同時に測定。
10Ω対応の測定へ。
抵抗値:Pt10Ω±0.5Ω (at 0℃)
安定性:0.1℃以内
規定電流:1mA
導線型式:4 導線式
使用温度範囲:ー30℃~200℃
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ